いつでも潜れる環境

この記事の所要時間: 226

az3uw5g3u4dunyqhg

海といえば夏のイメージですが、沖縄は年中海で遊ぶ事ができます。ビーチというイメージがありますが、冬は遊泳禁止となっていると思います。しかし、ダイビングならライセンスを取る事になるので、安全性を考えた上での遊びとなりますので禁止される事はないのです。

ライセンスがなくても、体験ダイビングをする事ができ、インストラクターと一緒に潜る事ができます。海は好きだけど泳げないから・・とダビングのことを知らない人もいるようですが、泳げない人でも沖縄のダイビングを楽しむ事は可能です。

ダイビングショップでレンタルできる

az9buruz99yuzi4a6

必要なのは水着とタオルだけ。それ以外はダイビングショップでレンタルできるらしいので、手軽に楽しむ事ができますよね。観光の方も、沖縄県内の方もダイビングを楽しんでいる方は沢山いらっしゃいます。夏でも冬でも楽しめるので、ダイビングを趣味にするのもいいと思います。

体を動かすのを趣味にするのはいい事だと思いますし、ダイビング仲間も増え、交友関係も広がるというのは嬉しいですよね。

付き添ってもらいながら潜れる

初めての方は、付き添ってもらいながら潜れるので、不安は一切ありません。なにかあればきちんと対応してくれますので安心です。資格を取れば、いつでもどこでも潜る事ができますので、ぜひ体験ダイビングで楽しく遊んだあとはライセンスの取得も考えてみて下さい。

海でのツーリングを楽しむなら沖縄 ジェットスキー おすすめが1番です!

ダイビング前の天気の確認

ダイビングは水泳とは異なるので「泳げない方」でも楽しむ事ができます。海の中に潜るので、息ができるかとか、目をあける事ができるかという不安があると思うのですが、そういう事は身に付ける器材があるので大丈夫です。タンクの中に入っている空気で息ができますし、「マスクをすれば視界も良好」です。

マスクに関しては度付きがありますので、目が悪い方でも安心ですね。コンタクトの方などは度無しのマスクを使う事も可能なのですが、ハードコンタクトは取れてしまう可能性も考慮して度付きのマスクをオススメしているようです。

度付きのマスクをレンタルしてもらう事ができます

ソフトコンタクトの方も、不安であれば度付きのマスクをレンタルしてもらう事ができますので、ダイビングショップのスタッフに確認してみるといいでしょう。沖縄ダイビングは毎年あちこちの離島へのツアーも楽しませてくれます。風が強い日はダイビングスポットを変更して風や波の影響が少ないスポットでのダイビングを提供しているらしいのですが、不安な方は延期でもいいと思います。

雨の日などは水中が暗くなるらしいのですが、予約を入れる前に週間天気なども確認しておくといいでしょう。せっかくのダイビングなので「透き通った青い海」がいいと思いますので、天気の確認は必須だと思います。

更新情報

ページ上に戻る